きょうも何処かへ

Z800で走り倒す休日

Z800

というわけで

XT1200ZEスーパーテネレの後釜として 

f:id:zurdo_58:20170210234555j:image

 Z800がやってきたのでした。

まさか自分がカワサキに乗る日が来るとは。

 

15000kmほどテネレに乗って思ったのは、張り合いで買ったビッグバイクは、張り合う相手がいなくなってしまったら、ただの重くてバカでかいだけのバイクになってしまうのだということ。

 

相手にムルティストラーダやトレーサーがいた頃には、それはそれは活き活きと活躍しましたが、今となっては過去の話。いざ1人になってみて、その孤高の世界というものの本質に気づいてしまった。

 

サッと出してパッと乗れるような気軽さはそこには微塵もないわけです。欲張りなんだかストイックなんだかよく分からないバイクでしたね。ただ先代のR1200GSには勝っていたと思います。速かったし。

 

で、前々から四気筒に来いと諸先輩方からさんざん煽られておりましたので、ならば行ってやるよと。ただし、ミドルクラスでね。

 

納車後に伊万里の方など少し走りましたが、その速さの片鱗をすでに私に見せつけてきています。なかなか恐ろしい子

f:id:zurdo_58:20170211000006j:image

とりあえず早く慣らしを済ませねば。